読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【サン・ムーン】四天王から得られる努力値一覧

 

あと少しの調整前に四天王行っちゃったぜ

っていう人向け記事。

 

うまくいけばきのみを使わずに済むかと。

要望があればチャンピオン戦も追記します。

 

ハラ

出てくるポケモン 得られる努力値
ハリテヤマ H+2
ニョロボン B+3
オコリザル A+2
キテルグマ A+2
ケケンカニ A+2
合計 H+2 A+6 B+3 =11

 

ライチ

出てくるポケモン 得られる努力値
ジーランス H+1 B+1
ゴローニャR B+3
ダイノーズ B+1 D+2
メレシー B+1 D+1
ルガルガン A+2
合計 H+1 A+2 B+6 D+3 =12

 

 アセロラ

出てくるポケモン 得られる努力値
ヤミラミ A+1 B+1
フワライド H+2
ユキメノコ S+2
ダダリン A+2
シロデスナ B+2
合計 H+2 A+3 B+3 S+2 =10

 

カヒリ

出てくるポケモン 得られる努力値
エアームド B+2
クロバット S+3
バルジーナ C+2
オドリドリ C+2
ドデカバシ A+3
合計 A+3 B+2 C+4 S+3 =12

 

 

ありがとう六世代。はじめまして七世代。

 

どうも、しっとです。

 

もうすぐ六世代の冒険が終わり、七世代という新たな冒険が始まります。

七世代には、トリプルバトルはないけれど、新たな冒険は楽しみです。

また、カロスマークの代わりに新たなアローラマークが出現するため、

今までのポケモンもじきに使用できなくなることでしょう。

そこで、六世代の一応の区切りとして、六世代を振り返りたいと思います。

 

 

 

☆1 「XY編」

 

XYが発表された当時の私は、シングルフリーの民でした。

そして、使うポケモンは、いわゆるマイナー~中堅が中心で、

レートでは見られないようなポケモンを使って対戦を楽しんでいました

(強いポケモンも育成していたが、比率は前者が多い)。

 

しかしXYでは、フリーで伝説が使えるということで、

個人的には否定的なメガシンカという新たな要素を享受し、レート戦を始めることに。

 

このときはまだ、オフ会に行っていなかったため、一緒にやる仲間は

サークル員たち(といっても常時いたのは3人)でした。

ちなみにTwitterを始めたのもこのときくらいなような気がする(曖昧)。

 

3人だけでコイキング釣り大会(地獄)をしたり、リアル虫取り大会(これまた地獄)とか言ってオオクワガタを探しに行ったりと、充実したポケモン環境(?)でした。

 

そんな中で、オフ会に行くきっかけになったのは、サークルの先輩が人柱となって、近くで行われていたオフ会に参加したことを機に、私も行ってみようかなという気に変わったことでした。

 

この頃のオフ会はあまりいい噂を聞かなかったため、色々恐ろしいところだと考えていましたが、先輩によって近隣の環境は良いところだとわかったため、初めてオフ会に参加することに。

 

初めて参加したオフ会は、今では100人規模の某オフです。

この時の結果はそこまででした。

しかし、面と向かって知らない人たちとポケモンで繋がれることは楽しかったです。

これがオフ会をする醍醐味なんだろうなと思います。

 

この初参加を機に、どんどんオフ会に参加していくことになった私ですが、

二度目のオフ会の前に、運命的な(?)出会いがありました。

 

その人主催の突発焼肉(唐突に深夜に行われることはあまりにも有名)に参加したことで知り合い、その日の帰り道に、五世代のときのあれこれやオフ会のあれこれ等、色々お話をしていただきました。

 

 その結果、二回目のオフ会参加にして初めて優勝でき、とても嬉しかったのは今でも覚えています。

 

色々なオフ会に参加したことで、交友関係が多方面に広がり、シングル以外の他ルールにも興味が湧き始め、ダブルからまずは手をつけました。

今までは敬遠していたWCSもこの時から参戦するようになりました。

 

いわゆるガチ対戦というのは、このXYから参入した新参者だったため、

めぼしい成果もなく、4世代のころから対戦していればなと後悔していました。

 

今ではトリプルバトルばかりしていますが、XYが終わるころまでは、シングル・ダブルのオフやレートを中心に行っていました。

 

バトルとは関係ないことですが、この頃からXYでデータが消えるという話は小耳にはさむ程度には聞いていました。

怖いなと思うも、なんともなく、ORASが発売されることに。

 

☆2 「ORAS編」

 

ORASが始まってまもなくは、シングル・ダブルを中心に行っていました。

しかしある時に、某氏のニコ生を見た影響もあり、トリプルバトルに手を出しました。

 

これがとても面白いルールで、なぜ今までしなかったのかが謎なくらいに楽しいルールでした。

そこから、トリプルバトルをやる回数がじわじわと増えていき、今に至るようになりました。

 

また、このときに、ポケカのXY5にポケモンスクラップ第1弾が封入されると知り、ポケカにも手を出し始めました。

金銭的な面でカードゲームの資産に余裕がなかったため、ずっとメガサーナイトEX中心のフェアリーを使ってました。

 

金銭的な面があったとはいえ、ポケモンゲームとポケカでは全く逆のスタイルで遊ぶ形になっていました。

ゲームでは、色々なポケモンや構築をころころ変えていくのに対し、カードは一つのメインを中心に、微調整を繰り返す形に。

 

しかし、どちらも、五世代フリーのころの考え方というか、よくある並びは決して使わず、それをどうメタるかのことばかりを考えていました。

ある意味、メタることが癖になっていたのかもしれません。

 

ORAS中期には、私のポケモンモチベが一気に死んだ事件がありました。

 

それは、データの消滅です。

 

ORASでも、データが偶に消えると聞いていましたが、まさか、自分がなるとは思ってもみませんでした。

 

2カ月くらい虚無に襲われ、ポケモンから離れていましたが、Twitterでの楽しそうな雰囲気を見ていると、またやりたいなぁという気持ちが復活してきました。

 

消滅とともに一度消したブログを、名前を変え再度復活させ、

ひさしぶりのポケモン復活戦であるダブルのオフ会に参加。

 

結果はこのブログの一番古い記事になります。

 

やっぱりポケモンは楽しいなという気持ちを思い出し、

そこからまたポケモンの育成に励みました。

 

消滅後はすっかりトリプルバトルをメインに置き、他ルールを暇があればやるくらいになっていました。

 

そんなこんなで、サン・ムーンの発表が・・・。

 

いつもと変わらずトリプルバトルを行っていましたが、次世代が発表されたとこで終わる環境だし、ということで、この頃からは、よくある並びを徐々に使っていくことにしました。正直、とても遅い()

 

(余談ですが、このよくある並びに対するなんとなくの抵抗感が薄まっていくことは、自分を強くするものだろうなと思います。

マイナーを使って勝てずにただ強いポケモンに文句を言う人は、マイナーを使っている俺カッコイイ病で、むしろそのマイナーポケモンの価値を貶めている人だと思っています。)

 

よくある並びを使って感じたことは、やりたいことをやる練習をしないとなぁという実力不足感でした。

どうしてもメタの思考というのは、相手の行動を阻害することに重きを置いてしまいますから。

 

というわけで、やりたいことをやる練習を、サン・ムーンに備え、していましたが、

トリプルバトル消滅という悲しいことに。

 

凄く落ち込みましたが、ポケモンは対戦ゲームではなく、RPGであることを考えると、仕方ないのかなと思います。

 

しかし、またトリプルバトルをやりたい気持ちは消えないので、

いつでもトリプルバトルの復活を待っています。ということだけは、

ここに書いておこうと思います。

 

☆ サン・ムーンに向けて

 

結構公式からの発表が多く、ウルトラビーストは楽しみに取っといて欲しかったぞと思っていますが、アシマリとラランテスをはやく動かしたい欲でいっぱいです。

 

トリプルバトルがなくなったので、WCSかなぁといった感じですが、まったり楽しめたらなと。

時間もなかなか作れない環境になってきたこともあるので。

それにしても、サン・ムーンはかわいいポケモンが多く、対戦で使ってあげたいです。

 

ポケカの方では、GXという新しいカードタイプが出てきたこともあり、盛り上がっています。

 

今後はどうなるかわかりませんが、今まで通りにやっていきたいので、仲良くしてやってください。

 

 

 

ライボゲロゲダース 【ポケカXYレギュ】

 

 

どうも、しっとです。

 

とある場所で使ったデッキ。

決勝で事故ってしまって泣いていた。

 

また組みたいときに組めるよう自分用メモを兼ねて

(もうレギュ落ちが来るかもだが)。

 

 

ポケモン   11枚

ライボルトEX   3枚

メガライボルトEX 2枚

ガマゲロゲEX   3枚

サンダースEX   2枚

レジアイス     1枚

 

☆グッズ       22枚

トレーナーズポスト   2枚

バトルサーチャー    4枚

バトルコンプレッサー  3枚

ハイパーボール     4枚

ライボルトソウルリンク 2枚

ヘッドノイザー     2枚

ちからのハチマキ    2枚

闘魂のまわし      1枚

はかせの手紙      1枚

あなぬけのひも     1枚

 

☆サポート  11枚

フウロ     1枚

N        4枚

プラターヌ博士 4枚

フラダリ    1枚

オカルトマニア 1枚

 

☆スタジアム  4枚

うねりの大海  2枚

サイレントラボ 2枚

 

☆エネルギー 12枚

ダブル無色 3枚

雷     6枚

水     3枚

 

 

・改善点

 

???「シェイミ入れなくても強いよ(適当)」

僕「うっす」

 

大会後

 

???「やっぱシェイミは強いね!」

僕「、、、」

 

みなさんシェイミは入れましょう!

 

変えるとしたら

・あなぬけのひも1枚 → AZ1枚

・バトルコンプレッサー1枚 → シェイミEX1枚

(好みでスタジアムをもう一枚足す)

 

闘がいないときは割と戦えるので環境を間違えないように。

 

では。

第8回診断トリプル結果記事

 
どうも、しっとです。
 
10/21(土)に行った第8回診断トリプルの結果記事となります。
参加者の皆様はお疲れ様でした。拙い運営でしたが、ご協力ありがとうございました。
 
結果は以下の通りです。

 

 

参加者数 53人

最終ラウンド対戦参加者数 45人

(※リタイア等で若干の減少です。)

 

順位表

順位 トレーナー名 MP OMP WOMP   順位 トレーナー名 MP OMP WOMP
1 ヒマリ 18 10.00 10.00   33 レン 6 9.50 7.50
2 ゆーてん 15 10.50 10.20   34 ひーこ 6 9.00 7.50
3 ダン 15 10.50 9.00     まゆみ 6 9.00 7.50
4 ともし 15 9.50 9.00   36 !すでのすな 6 9.00 3.00
5 リリネスク 15 7.50 7.80   37 こども 6 8.50 4.50
6 ゆうちゃま♪ 12 12.00 10.50   38 かに 6 8.00 3.00
7 コウメ 12 11.50 10.50   39 あき 6 7.50 7.50
  エビナーマ 12 11.50 10.50   40 あやたか 6 7.50 4.50
9 ひっこし 12 11.00 11.25   41 まる 6 6.00 1.50
10 G 12 10.50 9.75   42 ふぉんでゅ。 6 3.50 1.50
11 あちゅ 12 10.00 7.50   43 にょろわーる 3 8.50 0.00
12 Wittig 12 8.50 7.50   44 ARCAID 3 8.00 6.00
13 のい 12 7.50 6.75   45 shimo 3 7.50 0.00
14 ごま 12 7.50 6.00            
15 ミチル 12 7.50 5.25            
16 エミール 12 7.00 6.00            
17 なつみかん 9 12.50 10.00            
18 かすあん 9 11.00 9.00            
19 seem 9 10.50 8.00            
20 ぎんなん 9 10.50 6.00            
21 きむしゅー 9 10.00 6.00            
22 タケダ 9 9.50 8.00            
23 アオリア 9 9.00 4.00            
24 PEGA 9 8.50 6.00            
  こまり 9 8.50 6.00            
26 やよい 9 8.00 4.00            
27 UNO 9 7.50 6.00            
28 INAMIN 9 7.50 5.00            
29 マッチョ 9 6.50 5.00            
30 リフ 9 5.00 4.00            
31 ぬにっち 6 11.00 9.00            
32 JESCA 6 10.50 9.00            

 

☆一位☆ ヒマリさん

二位 ゆーてんさん

三位 ダンテさん

 

優勝されたヒマリさん、おめでとうございます!!!

 

決勝バトルビデオです。

VUZG-WWWW-WW53-6K2L

 

(決勝は、ダンテさんvsヒマリさんなのですが、

スイスドローの結果により、ダンテさんが三位です。)

 

KP等は遅れて挙げさせてもらいます。

 

 

皆様、ご参加ありがとうございました!!!

再度、ご協力ありがとうございました。

需要があれば次回もやりたいですね・・・

 

何かあればTwitterにて。

第8回診断トリプル募集記事

 

どうもしっとです。

この度、第8回診断トリプル大会を開催させていただくことになりました。

たくさんのご参加お待ちしております。

 

◆診断メーカー大会とは
くらうんさんの作成した今日のトリプルバトルパーティを使って出てきたパーティーを実際に作って、それで大会しちゃおう!!という企画である。
診断メーカーについてはくらうんさんの記事をご覧ください。
 
★大会名
第8回 診断メーカー大会
 
★主催
しっと(TwitterID:@sittonau)
 
★大会日程
募集期間:10/06(木)00:10~10/09(日)23:59
PT診断 :10/10(月・祝)0時、募集締め切り後にツイキャスで行う予定です。
大会   :2016/10/22(土) 21:00より
準備期間は12日間程。
募集定員が埋まった場合でも、PT診断の日時は変更されません。
 
★募集定員
64名
※これより参加希望者が多く、これとは別に参加者が
16~32人程度集まるようなら28(金)or29(土)にやることも検討します。
 
★大会形式
スイスドロー形式(同じ勝数どうしがマッチングしていくやつです)。
9~16名→4回、17~32名→5回、33~64名→6回でやります。
 
 
★ルール
ポケモンのORASのROMを使用。
トリプルバトル フラットルール
その他はレート準拠。
大会中の個体変更、持ち物変更等は認めない。
使用ポケモンは各自が診断された6体のみを使用するものとする。
過去作産のポケモンについては、ORAS内で再現可能な個体についての使用は許可。
メガ枠として採用されたポケモンにメガストーン以外の持ち物を持たせることを禁止する。
ドーブルダークホールを覚えさせることを禁止。
共生+脱出ボタンのアレですね。仕様かバグかはちゃんと情報集めてないので分からないのですが、もともと数値が低いこのルールでは存在が壊れになる可能性もあるため。
 
★診断について
PT診断は締め切り後のツイキャス枠内(もしくはニコニコ生放送内)で、わたしが全員分行い、一人ごとに発表していきます。
これは個人がいいのが出るまで何回も診断を繰り返すことを避けるためです。
参加申請時に登録した名前で診断を行いますので、ご了承ください。
引き直しの権利は、今回も1回のみ許可します。
 
引き直しの権利
・一度目の診断に不満がある場合、次に出てきたものを絶対使用とすることを条件に、もう1度診断をしなおす権利。
・運営の都合上、枠内でのみ申請を受けつける。
・個人で先に確認してから申請するといった事態を回避するため、引き直しに使う名前は申請を受けつけ終わったあとにこちらで発表する(しっと→しっと2、とか、しっと→しっとAとかそんな単純な変更です)。
 
★その他
他人の迷惑になる行為はやめてください。
あと主催がルールです。怪しい点はわたしがジャッジします。
過去の大会では、育成未完了による遅刻・棄権が多く見られました。ハードルをものすごく高くする気はありませんが、育成可能であるという見通しがある程度たっ ている方から参加申請するようにお願いいたします。大会をゆるく楽しく行うために、一定のマナーは守りましょう。
 
★参加申請について
参加申請は以下のテンプレを使用して、この記事にてお願いいたします。
 
参加申請テンプレ
【参加者名】 この名前で診断します。あまりにも長い名前はご控えください。(勝手に省略させていただく場合があります)
【TN】 ROMの名前です。
【フレコ】 3DSのフレコです。
【TwitterID】 ついったーアカウントなしでの参加はご遠慮ください。
【一言】初運営なのでご協力お願いします。
 
 
何か気になる点があればなんなりとお願いします。

【トリプル】 もつオフ優勝 気候戦士ユキノオー第07HT小隊~霰の中で輝いて~

 

 

今回の記事は、9月18日(日)に行われたきゅんさん主催の、第五回もつオフ・トリプル部門にて優勝できた構築の紹介です。

ちなみに僕はスタッフとして参加してました。つまり自演優勝ですv

 

では、以下よりどうぞ。

 

 

 

 

f:id:jealousynow:20160920214211j:plain

 

 

【気候戦士ユキノオー第07HT小隊~霰の中で輝いて~】

f:id:jealousynow:20160920205449g:plainf:id:jealousynow:20141129010842g:plainf:id:jealousynow:20150809151638g:plain

f:id:jealousynow:20150825230335g:plainf:id:jealousynow:20140524234555g:plainf:id:jealousynow:20141129010951g:plain

 

ポケモン@持ち物
特性
技1 技2
    技3         技4    
ユキノオー@きあいのたすき
ゆきふらし
ふぶき エナジーボール
こおりのつぶて まもる
ハリテヤマとつげきチョッキ
あついしぼう
インファイト はたきおとす
ヘビーボンバー ねこだまし
ブルンゲル@オボンのみ
のろわれボディ
ねっとう シャドーボール
じこさいせい トリックルーム
クチート@メガストーン
いかく → ちからもち
アイアンヘッド いわなだれ
ふいうち まもる
ヒードラン@シュカのみ
もらいび
ねっぷう だいちのちから
げんしのちから まもる
ドーブル@こだわりスカーフ
マイペース
ダークホール ぜったいれいど
トリックガード ねこだまし

 

☆構築名の解説

機動戦士ガンダム第08MS小隊と、その主題歌の「嵐の中で輝いて」をもじりました。

気候戦士ユキノオー → 天候:霰

第07 → オフ直前まで霰入りを試行錯誤して組み上げた回数

HT → あられの英語表記「Hail」と、トリックルームの英語表記「Trick room」の頭文字から

 

【構築の経緯】※長いです

f:id:jealousynow:20160920214902j:plain

これがすべての始まり。

これのおかげで(?)9月始まってからオフまで3週間くらいずっと悩み続けた。

 

まず、霰を使うことが決まった時点でユキノオーアマルルガの二択から、トップメタにも戦えるようにを優先に考えていった。

 

☆第1案

依然耕していた時に使った経験から、とりあえずメガユキノオートリパから試そうとする。

 

ドサイドンユキノオーロトムカポタクンアローの6匹をすぐに考えるも、ニンフィアガルドに負けるビジョンがすでに感じられたため、育成までは着手せず、断念。

 

この時に気付いたことが、「ユキノオーの耐性のなさを全力でカバーすることはできない」ということ。そして、「仮にできたとしても、こっちは一匹の攻撃を通すのに躍起になるので負けるだろう」ということ。

 

というわけで、試作1号は、無理やり耐久をあげて耐えることと、この指による叩き耐性が偉い、ピッピをぶち込んでみることに。

 

メガユキノオー/ブルンゲル/ヒードラン/キリキザン/カポエラー/ピッピ

 

結果はまずまず。

ニンフに対する甘さと、二枚猫相手が辛くなりやめる。

このときからブルンドランノオーの相性は良かった。

 

☆第2案

トリルがどうしても怯み負けを誘発しやすいので追い風を考えてみる。

地面+氷・炎+氷の相性は良いのでうまくここらへんを考えていく。

 

ユキノオー/ヒードラン/サンダー/ギルガルド/ガルーラ/ランドロス

 

全体技が特殊に多いことから、光の壁で無理やりやり過ごす形を取る。

 

結果はそこまで。

アイテムも悪かったかもしれないが、珠+霰でガルドがすぐいなくなったり、単体攻撃の多さによるダメージレース負けが続き断念。波乗り雨がきつかった。

 

☆第3案

Twitterのみなさんに一回目の助けを求める。

 

ガルーラ/ヒードラン/ギルガルド/ユキノオー/スイクン/ランドロス

 

いい感じのPT案を呟いてもらえたので早速スイクンを借りて使う。

第3案にしてやっと霰のシナジーを試す(スイクンのふぶき)。

 

☆第4案

一旦ユキノオーから離れる。アマルルガ、君に決めた!

 

アマルルガ/スイクン/サンダー/ランドロス/ヒードラン/ガルーラ

 

ユキノオーではなくアマルルガの追い風ならこうかなというのを組んでみる。

 

結果はどちらも何かしっくりこない。

理由は薄々気付く。

スイクンの火力がしょっぱい。瞑想を積む機会を見つけるのが下手。

なにより凍らない ← これ重要。

トリルにも薄かった。

 

そしてアマルルガの火力に絶望したのでこれっきりユキノオー一択でまた考え直すことを決め、雨もちょくちょく見かけたので思いきる。

 

☆第5案

2つの天候の押しつけを考える。

 

リザードンY/ユキノオー/水ロトムあと忘れた~

 

のスノーハレーションをやる。

 

結果は水ロトムが急所貰いまくるせいでやる気をなくす。

 

☆第6案

Twitterに二回目の助けを求める。

このときすでに霰を半ば諦めている。

 

ガルーラ/ユキノオー/ヒードラン/ランドロス/クレセリア/ニンフィア

 

結果はまずまず。

臆病か冷静しか持ってなかったので、控えめドランで原子の力持ちがいればもう少し違ってた気がする(厳選の時間が足りない)。

せいしんりょくガルーラを育成するも、すてみタックルの遺伝を忘れる事態に気付き火力が足りないガバ。

見た目は強そうだが、ガルーラもクレセリアニンフィアも単タイプで、ユキノオー自体の耐性が終わってるので、ユキノオーが邪魔に思えてきてしまい断念する。

 

 

ここまでで、レートのシーズンが終わってしまうことから、霰の使用に力尽きてしまい、一旦霰をやめる(普通にレートは続くことを後で知る)。

 

 

そして、オフ2日前へ。

 

 

☆第7案

移動中の新幹線で、一度は諦めたものの、アンケートに答えた人で期待してくれる人がいるかもしれないので、きちんと考える。

 

トリプルの霰の参考資料の中で個人的に気になっていたのが二つ。

 

某氏のメガクチートユキノオー

某氏の手助けクレセスカガブ+メガユキノオー

(どちらも、記事を見ながらわかる~~~って言ってた。)

 

とりあえず叩きをぶちのめすガブリアスの方で考える。

構築は全てをパクりたくない癖が出て、由緒正しき(?)ノオーガブサンダーを考えていた。

 

(どうせスカガブなんて考慮しないだろうしいけそうだ・・・)

 

ユキノオー/ガブリアス/サンダー/ファイアロー/カポエラー/ギルガルド

 

ここで一つ問題があったのは、メガがユキノオーになり、追い風も霰もシナジーがなく、パーティーとしてどうなんだという気が合ったが、トリルに薄いしいいやと落ち着かせる。

 

一応メガガブリアスパターンも考えてみたが、スカーフで行こうと思っていた。

 

 

晩飯を食べて話を聞くまでは・・・。

 

 

 

???「スカガブは弱いからメガのほうがいい。一番は鉢巻。」

 

私「なるほど」

 

 

 

~~~~~~~以下、脳内回想~~~~~~~

 

話を聞いた直後の私。

f:id:jealousynow:20160921001744j:plain

 

その日の寝るまでの間。

f:id:jealousynow:20160921001749j:plain

 

翌日起きてから。(オフ前日)

f:id:jealousynow:20160921001732j:plain

f:id:jealousynow:20160921001738j:plain

 

 

オフ前日23時。

f:id:jealousynow:20160921001757j:plain

 

オフ当日深夜1時。

f:id:jealousynow:20160921001802j:plain

 

~~~~~~~脳内回想終わり~~~~~~~

 

 

そして、時刻は2時を過ぎ、私は手をつけてしまったのだ。

 

 

f:id:jealousynow:20141129010951g:plain

”””ドーブル”””に。

 

と言ってもPTに入ってきたのは最後なんですが。

そして上記のPTに。

 

 

入ってきた順番としては、

コンセプトのユキノオー

→S操作役のブルンゲル

→両方と相性のいいヒードラン

→いかく兼メガのクチート

→猫のハリテ

ドーブルです。

 

 

【各ポケモン詳細】

f:id:jealousynow:20160920205449g:plain

ユキノオー@きあいのたすき

特性:ゆきふらし

性格:れいせい

実数値:197(252)-112-95-↑158(252)-106(4)-↓58 S0

技:ふぶき/エバジーボール/こおりのつぶて/まもる

 

☆採用理由

コンセプト。

天候ポケモンで唯一先制技があるのが偉い。

耐性面は偉くないためタスキにした。

ふぶきの1割が発動することを願う(オフでは0回)。

トリルが一番活躍する機会がある。

 

 

f:id:jealousynow:20141129010842g:plain

ハリテヤマとつげきチョッキ

特性:あついしぼう

性格:ゆうかん

実数値:219-↑187(236)-98(140)-×-97(132)-↓49 S0

技:インファイト/はたきおとす/ヘビーボンバー/ねこだまし

 

☆採用理由

飛行の一貫を割り切り猫役は格闘タイプにしたが、その中でも炎耐性と高耐久、トリルとの相性の良さをみてハリテヤマ。チョッキを着せて耐久の底上げを図る。

インファ猫はたきは普通であるが、ヘビーボンバーが肝。

ユキノオーを通すためには障害となるポケモンが多く、そのうちの一匹でもあるニンフィア

ブルンノオーハリテみたいな並びになったときに絶望すること、ドランにラスカの枠がないことを考え、このPTのなかではフェイントより優先度を高くした。

これにより、ブルンゲルの型に影響が出るため後述する。

今回のオフでは想定通りの盤面で想定通りの仕事ができたので満足である。

瞑想ニンフに勝てないトリパはボンバーを検討するといいと思う。

 

 

f:id:jealousynow:20150809151638g:plain

ブルンゲル@オボンのみ

特性:のろわれボディ

性格:なまいき

実数値:207(252)-×-106(124)-108(20)-↑152(108)-↓58 S0

技:ねっとう/シャドーボール/じこさいせい/トリックルーム

・耐久に関して

HB:意地っ張りバンギのかみくだく確定耐え

HD:眼鏡ニンフのダブルダメハイボ2耐え

 

☆採用理由

ユキノオーと相性抜群のS操作役のため採用。

ラムではなくオボンなのはダクホをドーブルのトリックガードで防ぐことを考えているため。なので催眠耐性甘め。

霰を降らせたり、吹雪を使えたりと、シナジーがある。

しかし、スイクンで火力のない吹雪は弱いことを知っているため、CSギルガルドに最低限の仕事をこなすシャドーボールを採用。

フェイントよりボンバーを優先して採用したため、相手のワイガを止める術を持てず、しおふきを見送り、熱湯にした。

これにより性格も冷静ではなく生意気にし、耐久をあげ特性の発動機会の増加を目論む。

こだわりランドやこだわりアロー辺りに特性が有効に発動すれば、いくら耐性が悪かろうが相手に突っ張ることができるため、特性が本体みたいな感じになる。

二度目のトリルも狙えることがあるので、火力の微妙なトリパになってしまうときは耐久をあげるほうがいいかもしれない。

全体技を3割で潰すせば裏がすごい楽になる。

 

f:id:jealousynow:20150825230335g:plain

 クチート@メガナイト

特性:いかく → ちからもち

性格:いじっぱり

実数値:157(252)-↑145(212)-106(4)-↓×-76(4)-75(36)

 技:アイアンヘッド/いわなだれ/ふいうち/守る

・素早さに関して

Q.何故ゆうかんではないのか?

A.下げる意味がなかった。

実数値で気づくかもしれないが、最遅カメックスまで抜ける。

トリパミラーのときに、一番遅いポケモンクチートになるため、特にバレルを考えると素早さを落とす意味もなく、逆にミラーのSを落としていそうなニンフやドランに、上からダメージを与える可能性がある75とした。

メガクチート相手にも結局のところ同速げーになってしまうので何も問題はなく、想定通りトリパミラーになったときにきちんと役割を遂行できたのでこれで正解。

 

☆採用理由

ユキノオーの耐性のなさを考えたときに、どうもタスキじゃないと回せない気がしたため、メガユキノオーの線を切り、飛行・岩・悪・妖精耐性と優秀で、雪崩を持つことでアローやリザに対抗し得るポケモンになるメガポケモンのため選択。

地面技の一貫性がトリパではどうしても出来がちなため、あまり採用には踏み切りたくなかったが、地震の場合は相手も自分をまきこむ形を取るため、序盤は大丈夫だろうということと、大地の場合は単体技なので、うまく回して受けきることにした。

じゃれつくではなくアイヘなのは、外すのが嫌だということと、岩タイプとニンフィアに安定した打点が欲しいため。

これにより格闘タイプが少し重めになるのは仕方ないことだったが、格闘が単体技しか打てないことと、ブルンで詰める形を目指すことを考え、安定思考を取った。

 

f:id:jealousynow:20140524234555g:plain

ヒードラン@シュカのみ

特性:もらいび

性格:れいせい

実数値:198(252)-×-126-↑200(252)-127(4)-↓73 S0

技:ねっぷう/だいちのちから/げんしのちから/守る

 

☆採用理由

ブルンと同様こちらも相性が良い。

シュカなのは地面の通りがよいため、保険に持たせた。

対リザ決戦兵器なため、ラスカよりげんしのちからを採用。

ねっぷうより放射にしたいが、ねっぷうの削りが大事なPTなためねっぷうを採用。

 

f:id:jealousynow:20141129010951g:plain

 ドーブル@こだわりスカーフ

特性:マイペース

性格:ようき

実数値:131(4)-×-87(252)-↓×-65-↑139(252)

 技:ダークホール/ぜったいれいど/トリックガード/ねこだまし

 

☆採用理由

すべてを誤魔化すために採用。

 相手に択を強要する化け物。

トリックルームの始動を補助する最高のポケモンである。

ダクホ、猫、トリガはすんなりと決めたが、残りの1枠で悩んだ。

色々考えてみたが、どうしても補助で固めてしまうとゴミになってしまうときがくるため、ダクホがうてなくとも脅威を見せつけられる零度を採用し、ゴチルロック系でも無視させないようにした。

また、最後に残っても3割で勝てるのが偉い。

 

・基本の並び

ブルン/ドーブル/ハリテ

 

これ以外は微妙。

 

【PT総評】

ドーブルが強かったです。

とはいえダークホールを実際に打ったのは1度だけなので許してください。(零度は5回くらい打って1回あたった。)

 

ドーブルの話はさておき、

全体技が3つのPTなので、トリル後の真ん中は相手のメンツによって対応できることで圧力が増し、周りも単体性能の高いポケモンで固められたと思っている。

また、ブルンやドーブル、追加効果技の多さで、トリパにしては運勝ちを拾いやすいタイプだと思われる。

トリパはいつも怯みで負けてしまうことがあるが、ドーブルという圧力をいいことに、やりたい放題する。

 

メガクチートを使うならユキノオーを入れる意味があるのかと思われてしまうが、相手の地面や水には強い方なため、クチートが動きにくいときはこちらがエースになる。

霰の蓄積ダメージも馬鹿には出来ず、鋼や岩といった砂無効のポケモンにも定数ダメージを与えられることが強みである。

 

ユキノオー入りの一つの形として認知されれば嬉しく思う。

 

 

【最後に】

このPT自体、個体は流用しまくりなため、第7案では新規育成は2匹のみで、この第7案まで作れたのも、流用できる個体は流用したため。

オフまでの期間で、ユキノオーの冷静控えめ臆病の3匹と、アマルルガの臆病1匹を育成するというやる気を見せていたため、優勝で飾れてすごくうれしい。

 

レートで試運転する前に大会が始まってしまったため、本番一発勝負でした。

リザードン、叩き、トリパミラーと色々想定していた相手とあたり、難しい盤面もあったが、打開する術は戦う前から考えていたため、事なきを得ました。

一番きつかったのは準決のグラエス戦でした。

 

 

今回のもつオフでは、スタッフとして参加させていただき、多くの方と出会うことができて良かったです。

参加者の皆さま、ありがとうございました!

またもつ鍋を囲える日を待っています。

 

最後にこの歌でお別れです。

【嵐の中で輝いて】機動戦士ガンダム 第08MS小隊 OP - YouTube

霰の中で輝いて その優勝(ユメ)をあきらめないで

傷ついた あなたの背中の

天使の羽 そっと抱いて

抱いてあげたい♪

 

読んでいただきありがとうございました。

何か質問等あればTwitter等で。

【トリプル】イッシュファイナル

 

どうも、しっとです。

 

今回の記事はインターネット公式大会イッシュファイナルの構築記事です。

ルール説明は簡単に、過去作産ありの、イッシュまでの図鑑に載っているポケモンのみ使えるトリプルバトルです。

 

では以下よりどうぞ。

 

【使用ポケモン

 

f:id:jealousynow:20140524233101g:plainf:id:jealousynow:20141120012651g:plainf:id:jealousynow:20151108170806g:plain

f:id:jealousynow:20150114130308g:plainf:id:jealousynow:20160828204646g:plainf:id:jealousynow:20160828204711g:plain

 

 

ポケモン@持ち物
特性
技1 技2
    技3         技4    
ヒードラン@こだわりスカーフ
もらいび
ねっぷう ラスターカノン
かえんほうしゃ だいちのちから
ドリュウズ@いのちのたま
すなかき
じしん いわなだれ
アイアンヘッド 守る
サンダー@オボンのみ
せいでんき
10万ボルト ほえる
はねやすめ おいかぜ
サザンドラ@こだわりメガネ
ふゆう
あくのはどう りゅうのはどう
だいちのちから ねっぷう
エルフーン@きあいのたすき
いたずらごころ
ムーンフォース にほんばれ
ちょうはつ しんぴのまもり
カポエラー@だっしゅつボタン
いかく
インファイト ねこだまし
フェイント ワイドガード

 

 【構築経緯】

大会では絶対雨が多いこと、叩きがいること、ドーブルに負けたくないことの3つを中心に構築を組んでいきました。

雨に必ず勝つための手段として手動晴れ+電気タイプの並びがほしかったため、手動晴れと神秘によるダクホ対策のできるエルフーンを選択。

エルフーンに追い風まで任せてしまうとすぐいなくなったときに大変なので電気タイプでありS操作もできるサンダーを選択。

猫と威嚇役としてこのルールではカポエラーがいきいきとしているのでカポを選択。

対叩きにこれだけでは勝てず、トゲキッスもなかなかやっかいなルールであるため、全体技、炎、フェアリー受け、対叩きとしてスカーフヒードランを選択。

水耐性が日本晴れだけでは不安であったこと、対トリル役に対するダメージ源としてサザンドラを選択。

ラストにバンギラス系のスタンが多いだろうと思ったので、対バンギを兼ねてドリュウズを刺してパーティ完成。

 

【各ポケモン詳細】

 

f:id:jealousynow:20140524233101g:plain ヒードラン

167(4)-×-126-182(252)-126-↑141(252) もらいび

おくびょうCS @こだわりスカーフ

 

初手に出してテラキオンを何体も落としてくれました。

ラスカで乱数ですが一度も残すことはなく、相手のエルフーンが虚空にふくろたたきを打つ姿を見て微笑んでいました。

おくびょうじゃないとドーブルを抜けないのでおくびょうにした。

ドーブル抜きスカーフ意地ランドも抜ける(相手次第)。

 

f:id:jealousynow:20141120012651g:plain ドリュウズ

186(4)-187(252)-80-×-85-↑154(252) すなかき

ようきAS @いのちのたま

 

バンギと手を組まないドリュウズ

相手のバンギの砂に便乗するモグラ。

目論見通りくそつよかった。

陽気の理由は、相手のCSドランより速いこと、バンドリ対面で臆さないようになることです。

 

f:id:jealousynow:20151108170806g:plain サンダー

194(228)-×-107(40)-146(4)-127(132)-↑146(100) せいでんき

おくびょう @オボンのみ

 

パメラさんの調整より。

正直吠えるが結構腐ったのでめざ氷か光の壁でよかった。

対雨では輝いていた。

 

f:id:jealousynow:20140414033259g:plain サザンドラ

199(252)-×-110-↑161(12)-121(84)-138(156) ふゆう

ひかえめ @こだわりメガネ

 

D振りサザンドラ

HDは控えめ珠グドラの竜の波動まで耐える。

Sは控えめ準速グドラを抜ける。

眼鏡なのでCSグドラやラティは余裕。

雨に憎しみを持ちすぎて生まれた異形のサザンドラ

ラティの前でアイテム確認のため倒された回数が結構あった。

命の珠ラティはやはり強かった。。。

 

f:id:jealousynow:20160828204646g:plain エルフーン

136(4)--105-129(252)-95-↑184(252) いたずらごころ

おくびょうCS @きあいのたすき

 

ドーブルには殺意を持って倒していた。

神秘がそこそこ使えたタイミングがあったので持っていて正解だったが、置物になるときがちらほら。

おいかぜもほしかったので、ダクホさえなければもっと楽なのにと思いながら技を練っていた。

 

f:id:jealousynow:20140524234320g:plain カポエラー

157(252)-↑135(60)-116(4)-×-131(4)-114(188) いかく

いじっぱり @だっしゅつボタン

 

Sは準速バンギ抜き。

ふいうちが欲しかったです。

だっしゅつボタンの理由は、展開を邪魔するポケモンなので、さっさと消えてほしかったから。

エルテラには真ん中に出して猫打つよ~って顔しながら相手に猫打たれて返っていく。

 

・対雨、スタン系

エルフカポサンダー

日本晴れ+猫+追い風で日本晴れか追い風のどっちかを通させてもらう。

 

・対叩き

エルフカポドラン

挑発+猫+ラスカでカポに猫が来るのでその間にラスカでテラキ落とす。

 

・対トリパ

起動役によるが、エルフカポサンダーorサザン

正直切り気味だった。

 

【大会感想】

雨が多いのは知ってたし叩きもいることはわかっていたが、ラティの処理にもたついて負ける試合があったのと、格闘2枚トリパや霰トリパがしんどかったので最後らへんの試合で負けこんだ。

本当に悔しい。

一応最終1800は超えた。

結果は1802の45位でした~。

最高で1832だったのでやめとけばよかったと思いつつ、サブROM用のPTも対戦時間もないので自分との戦いですでに負けてた感じがある。

それでも環境は読み違えることはなく、だいたい予想通りで、トリパに対してもう少し強めだったらよかったなという次第。

ピン刺しドリュウズが最強でした。

 

戦ってくれた人はありがとうございました。