【全国ダブル】第27回がにゅーオフ ベスト8 & ベスト4代筆

先日行われた第27回がにゅーオフ兼バトルロードグロリア九州予選に参加してきました。

結果は私がベスト8、渡した構築案を使用したかめ君がベスト4になってくれました。

かめ君は自身のブログを所持していないので、私がこの記事にて代筆しようと思います。

私もかめ君もダブルバトルをメインとして対戦を行っていない中でのこの結果なので大変満足しております。

では、以下よりどうぞ。

 

 

 

【ベスト4 ビビグロス】

 

f:id:jealousynow:20150809151502g:plain f:id:jealousynow:20150809151755g:plain f:id:jealousynow:20140524232914g:plain 

f:id:jealousynow:20140414033259g:plainf:id:jealousynow:20140414033608g:plain f:id:jealousynow:20150809151451g:plain

 

 

ポケモン 技1 技2 技3 技4 持ち物 特性
メタグロス → メガメタグロス コメットパンチ アームハンマー 冷凍パンチ バレットパンチ メタグロスナイト クリアボディ → 固い爪
ビビヨン 怒りの粉 粉じん 眠り粉 守る 気合の襷 フレンドガード
ヒートロトム 10万ボルト オーバーヒート ボルトチェンジ めざめるパワー氷 拘り眼鏡 浮遊
サザンドラ 悪の波動 流星群 大地の力 追い風 防塵ゴーグル 浮遊
マリルリ じゃれつく 滝登り はたき落とす アクアジェット 拘り鉢巻 力持ち
チルタリス → メガチルタリス ハイパーボイス 火炎放射 追い風 守る チルタリスナイト ノー天気 → フェアリースキン

 

メタグロス  187(252)-190(140)-151(4)-×-111(4)-104(108) 意地っ張り

 →メガシンカ後 187(252)-201(140)-171(4)-×-131(4)-144(108)

ビビヨン   187(252)--71(4)-110-70-155(252) 臆病

ヒートロトム 157(252)--127-171(244)-127-108(12) 控えめ

サザンドラ  183(124)--130(156)-178(132)-111(4)-130(92) 控えめ

マリルリ   193(140)-112(252)-100--100-85(252) 意地っ張り

チルタリス  157(52)--111(4)-134(252)-126(4)-125(196) 控えめ

 →メガシンカ後 157(52)--131(4)-178(252)-126(4)-125(196)

 

構築経緯

今年のWCS前に某氏から「守る切ったメタグロスならガルーラ系に強いよ。」と私が聞いたことからメガメタグロス軸に決定。

前提として守れないメタグロスに欲しい耐性を考えた際、炎耐性・地面耐性・悪耐性・状態異常耐性が思い浮かぶ。

この条件に該当するポケモンなんていないだろうと思っていたが、

粉じんによる炎耐性(?)・浮いてる・怒りの粉で不意打ちをすかせる悪耐性(?)・怒りの粉で状態異常から守れる(?)・ついでにフレンドガードのビビヨンに着目。

 

WCSが始まる頃はチルタリスではなくキノガッサを使っていたが、対天候に不安があり全体技もなく、また炎2匹構築も辛いことからWCSではそこまでの戦績であった(ただしこの頃から対ガルーラ構築には勝率9割あった)。
WCSから少し時間が経った後に開催された満足交流会にこの構築でかめ君が参加し、先ほどの不安要素を指摘されて考えた末にチルタリスが該当、そこで2メガにする方向に変更した。また、サザンドラのアイテムもアドバイスを受けこのとき使っていたゴツゴツメットから防塵ゴーグルへと変更。

そして現在に至る。

 

各個体説明

f:id:jealousynow:20150809224256p:plainメガメタグロス

ガルーラ軸にイージーウィンするためだけに守ることを捨てたスーパーコンピューター。こいつがいなければこの構築は存在しない。

アイテムは鉢巻より火力も耐久も素早さも上昇するメガ石で、素早さをメガ後準速ランドロス抜きにして残りA。

 

採用技

コメットパンチ・・・遂行技で積み技。メインで動くのでアイヘでは威力面で足りないと判断しこちらを選択。

冷凍パンチ・・・ガルーラの取り巻きその1であるランドロスをワンパンするために採用。マンダもみれる。思念の頭突きと選択か。

アームハンマー・・・ガルーラ自身と取り巻きその2であるヒードランに役割を持つ技であるため採用。

バレットパンチ・・・赤ゲージで残ったポケモンを処理するための先制技として採用。耐久振りのガルーラもアムハン+これで倒せる。

 

備考

メガで耐久が少しあがるため横にビビヨンがいる時、全体技で弱点を突いてきてもダブルダメのおかげもあって、かなり軽減されるのでHに振っているだけだが高耐久ポケモンとなる。

主要技が命中90%はたまにキズ。

 

f:id:jealousynow:20150809230123p:plainビビヨン

メタグロスのお供として採用。

見た目の可愛さからは見られないかなりの邪魔をしてくる。

 

採用技

怒りの粉・・・不意打ちを打たせないために採用。ほかにもいろいろライフで受けて盾になってくれる。ガルーラと1-1に持っていくと有利。

粉じん・・・炎技を無効にするため疑似的な耐性として扱えると考え採用。これがないと話にならない。こいつ以外はドーブルだけしか覚えない。

眠り粉・・・置物になったときに全力で邪魔をするために採用。基本打たない。ここが暴風だと攻撃参加が可能となる。

守る・・・長く生き残ることで横のポケモンを常にサポートするのがメインのお仕事であるため採用。

 

備考

グロスと並んでわざと炎技を誘発させることが重要。粉じんをばら撒き、その間ずっとグロスが炎タイプを無視して横を殴るという、普通考えられない行動を取る。リザードンウルガモスも怖くない。

ちなみに粉じんは対象を取り、防塵ゴーグルで防がれるのでご注意を。

 

f:id:jealousynow:20150809225554p:plainヒートロトム

いくら粉じんがあると言えどやはり炎耐性は持っておきたいものであり、グロスにない水に対する打点を確保するため採用。眼鏡による火力を全力で押し付けることにした。

 

採用技

10万ボルト・・・遂行技。

オーバーヒート・・・遂行技。

ボルトチェンジ・・・ちょっとした対面操作とかげふみ対策のため採用。

めざめるパワー氷・・・ランドロスボーマンダをすぐに倒すため採用。

 

備考

耐性面からグロスと並んでフェアリーをけん制できるため優秀。

横にビビヨンがいれば耐久面が上がるが、もともと高いわけではないので注意が必要。

雪崩の餌食にならないようにグロスとの耐性をうまく活かせると拘りランドロスも怖くない。

 

f:id:jealousynow:20150809224548p:plainサザンドラ

サザングロスの並びはもはや定番。特殊悪耐性や霊耐性、特性による地面技の一貫消しは非常に縦でも横でも優秀。

アイテムをバレル泣かせの防塵ゴーグルにすることで柔軟性を確保。

耐久はガルーラのけたぐり耐えまで調整。

 

採用技

悪の波動・・・ゴーストに対する遂行技。これだけで十分な気もする。

流星群・・・最大火力技。あまり打つのは避けたいが、悪の波動じゃ物足りないときに決め技として重視。

大地の力・・・雨に邪魔されず、もらい火にも邪魔されないようクチートヒードランピンポイント気味で採用。ビビヨンがいない時の保険になりうる。

追い風・・・雨や砂と言った天候に対する切り返しを期待して採用。普通に使っても良し。

 

備考

弱点を突かれても不一致程度なら一度は耐える耐久があるため活躍の機会は多い。

ギルガルドの処理はヒートムよりこちらで任せるのが吉。

 

f:id:jealousynow:20150809230047p:plainマリルリ

対雨を期待して採用しているが、特殊耐久の上がるチョッキよりも晴れ下でも落ちない火力が欲しかったため鉢巻で採用。

チルタリスの導入によりチョッキでも良い気がする。

Sを追い風時ガブ抜きとし残りH。

 

採用技

滝登り・・・炎タイプをすぐに倒す遂行技。晴れリザYもお構いなし。

じゃれつく・・・遂行技。上5匹だとサザン対決が面倒なのでさっさと処理するため必要。

はたき落とす・・・鋼草のナットレイや草毒のモロバレルに一矢報いるため採用。基本打たない。

アクアジェット・・・グロスで壊滅させた相手のPTをお掃除するための先制技として採用。鉢巻+特性により先制技の威力ではない。

 

備考

対雨をもっと安定させるにはチョッキが一番であるため、通常時の火力を取るか耐性を取るかは使用者に委ねられるところである。

アクアジェットで吹っ飛ばしてモヤモヤ気分を霧払いしよう。

 

f:id:jealousynow:20150809225947p:plainメガチルタリス

不安要素を一手に引き受けて採用。

使う前はメガ進化しても上がらないSや足りない火力、無駄なAに嘆いていたが、使ってみれば思いのほか優秀だったらしいメガ枠。

火力保持のためCに振りきり、Sを最速バンギ抜きまで確保。相手の天候始動ポケモンの素早さを判断し、メガシンカするまで無天候が続くノー天気を選択。

 

採用技

ハイパーボイス・・・遂行技。

火炎放射・・・対鋼として採用。メガせず使うことで雨関係なく鋼を焼き尽くす。

追い風・・・こちらもサザン同様天候に対抗したいための採用。

守る・・・耐久がこれと言って高いわけでもなく、天候相手に長生きしてもらうため採用。

 

備考

主要メガとして活躍するには何かが足りないが、第二の候補としては優秀で、ある意味ロトムみたいなポケモンだと思われる。

メガ後は地面技を受けることには注意。

案外メタグロスとの相性は良いと今回発覚したのが一番の報酬。

橘・シルフィンフォード。

 

ビビグロス総括

戦績は予選5-2の1位抜け。決勝トナメは3決まで行くも、惜しくも負けてしまい4位だが確かな手応えを感じられた。計7-3。

 

こちらの構築はガルーラ系を徹底的に倒すことを念頭に置いているため、オフの予選では大活躍したそうで構築案を渡した身としてもうれしい限りである(初めはビビヨンメタグロスは面白いだけで強いわけないだろと疑われていたが)。

変なポケモンは使うまでわからないものであるとしみじみ。

 

 

以下よりベスト8の構築記事。

【ベスト8 ミミロップスタン】

 

f:id:jealousynow:20150809151456g:plain  f:id:jealousynow:20150809151603g:plainf:id:jealousynow:20140524232914g:plain

 f:id:jealousynow:20150809151620g:plain f:id:jealousynow:20140810013835g:plainf:id:jealousynow:20150809151638g:plain

 

 

ポケモン 技1 技2 技3 技4 持ち物 特性
ミミロップ → メガミミロップ 恩返し けたぐり 猫だまし アンコール ミミロップナイト 柔軟 → 肝っ玉
ラティオス 流星群 サイコキネシス 冷凍ビーム シャドーボール 拘りスカーフ 浮遊
ヒートロトム 10万ボルト オーバーヒート ボルトチェンジ めざめるパワー氷 拘り眼鏡 浮遊
マンムー 地震 氷柱針 岩雪崩 氷の礫 突撃チョッキ 厚い脂肪
ニンフィア ハイパーボイス シャドーボール 瞑想 守る 食べ残し フェアリースキン
ブルンゲル 熱湯 鬼火 自己再生 トリックルーム オボンの実 呪われボディ

 

ミミロップ  141(4)-128(252)-104-×-116-172(252) 陽気

 →メガシンカ後 141(4)-188(252)-114-×-116-205(252)

ラティオス  165(92)-×-102(12)-200(252)-134(28)-146(124) 控えめ(非理想)

ヒートロトム 157(252)-×-127-157(140)-134(52)-114(60) 控えめ

マンムー   187(12)-199(244)-100-×-112(252)-100 意地っ張り

ニンフィア  201(244)-×-107(172)-155(84)-151(4)-72 冷静

ブルンゲル  207(252)-×-105(116)-109(28)-152(108)-58 生意気

 

構築経緯

現在セブンイレブンで配信されているラティオスを受け取ったので、せっかくだから使おうということでがにゅーオフ3日前にshowdownで作成。

ガルーラ系・サナバレル系が今回のオフでも多いだろうと予想し、それらのみを重視して周りを組んでいった。

 

各個体説明

f:id:jealousynow:20150809231741p:plainメガミミロップ

ゴーストタイプに攻撃ができる格闘タイプであり、ガルーラに強いと思ったため採用。

耐久がないので繰り出せないのが難点だが、クレセのサイキネ程度ならなんとか耐える。

 

採用技

恩返し・・・覚えるノーマル技でギガインパクトの次に威力の高い技。残念ながらすてみタックルは覚えない。

けたぐり・・・格闘技を当てたい相手はそこそこ体重が重く、外して体力がなくなるとびひざげりより命中を重視。

猫だまし・・・あって損のない技。ガルーラより先に使えるため隣のポケモンが動かしやすくなる。

アンコール・・・相手の補助技を許さない技として採用。

 

使用感

命中100%で構成されているため安心して攻撃を繰り出せる。

耐久面に不安があるためバシャーモに似た扱い方が必要。

速さは大事。

 

f:id:jealousynow:20150809224315p:plainラティオス

セブンイレブンで配信されているラティオスは性格が控えめ固定であったため、本来の素早さを補うことと、スカーフランドロスの上から攻撃するためスカーフでの採用。

素早さを準速ランド抜き+αに設定し、残りを耐久に振ることでメガマンダのダブルダメハイボを二発耐えることにした。

 

採用技

流星群・・・役割遂行技。最初の一打ではなく最後の一打として扱う方が良い。

サイコキネシス・・・こちらも遂行技。B振りバレルの多さを考えショックではなくこちらを選択。

冷凍ビーム・・・ランドロスを一撃で落とすために採用。一緒にいるボルトやバレルにも一貫しやすい。

シャドーボール・・・ギルガルドに一応の打点を確保しつつ他鋼にも対抗するための技として採用。

 

使用感

流星群以外命中100%であり、追加効果技で固めてあるため安心できるうえ、運が良いと楽に試合運びを展開できることがある。

ガルーラゲンガー系にはクレセみたく下からではなく上からエスパー技を通していくことでイージーウィンしやすくなることはシングルでもダブルでも変わらないようである。

 

f:id:jealousynow:20150809225554p:plainヒートロトム

上記2匹ではあまりにも電磁波とフェアリーに弱すぎるため、電磁波耐性(対ボルトロス)とフェアリー耐性のポケモンとして火力を眼鏡で保持しつつ耐久を少しあげ採用。

ギルガルドモロバレルに強い点も良い。

D耐久は、控えめリザYの晴れ下火炎放射2発耐えと控えめメガサナのダブルダメハイボ2発耐えを両立。

Sは準速バンギ抜き。

 

採用技

10万ボルト・・・遂行技。命中安定を選択し雷ではなくこちらへ。

オーバーヒート・・・遂行技。対鋼に欠かせない技であるが、連発は禁物。ヒードランが相手の場合は打つ機会は処理後になる。

ボルトチェンジ・・・かげふみロックから脱出するためや、盤面コントロールの技として採用。あまり打たない。

めざめるパワー氷・・・ランドロスを即処理するために採用。ボーマンダにも打つときはある。

 

使用感

耐性が優秀なので行動が噛み合ったときやアイテムがばれてない時のめんどくささはトップクラス。削り役として優秀。

 

f:id:jealousynow:20150809224330p:plainマンムー

ボーマンダランドロスの弱点を突くことができ、D耐久に振りきりチョッキを持つことで臆病珠化身ボルトの草結びを耐えることができるということはシングルでは有名。

ダブルでは襷かスカーフが多いため、サナバレル系の対戦相手を翻弄することができると睨み採用。

控えめメガサナのダブルダメハイボを2発耐えるのでサナバレル系には上のヒトムと並べてイージーウィンを狙う。

 

採用技

地震・・・鋼に対する遂行技。周りを巻き込む点には注意だが、基本横にはヒトムがいる。

氷柱針・・・氷柱落としは外れるため、2~5回というランダム性はあるものの、命中重視で採用。バレルも5発貰えばひとたまりもないだろう。

岩雪崩・・・リザードンファイアローに対しての技として採用。メガリザYの晴れ熱風も特性と合わせて十分耐えることが可能なので外さないことを祈ろう。

氷の礫・・・赤ゲージで少し残ったポケモンを上から処理するために採用。

 

使用感

今回のMVP。

D振り切りチョッキはダブルではそもそも想定されないため異様の硬さに対戦相手も動揺していたと思われる。

シングルの発想をダブルに取り入れることに心配はなく、今回はマッチしていた。

氷柱針が二回しか当たらなくても運負けと思わない人が採用できる(今回のオフでは3発以上しか当ててないから運が良かった)。

 

f:id:jealousynow:20150809224509p:plainニンフィア

ここまでで水の通りが良すぎており、D方面にも不安があったので瞑想を入れることで一応の雨対策として採用。回復ソースが欲しいためアイテムの食べ残しで確保。

陽気ガルーラと対面した時に一度だけ行動を保障するためB方面を陽気ガルーラの捨身耐えまで確保し残りCへ。瞑想を積むこともあり選択は間違っていないと思う。

孵化の副産物として生まれてきた色違い個体であったために性格は冷静であるがSV。何も問題はなかった。

 

採用技

ハイパーボイス・・・範囲技であり遂行技。

シャドーボール・・・対ギルガルドを意識して採用。鋼に打つ技として優秀になったものである。

瞑想・・・役割を遂行する上で必要な積み技。一度積めばなかなかの耐久を得る。

守る・・・みきりじゃない理由は単純に遺伝していなかったためであるが、封印を意識してみきりにしようとは思わなかった。このPT唯一の守る。

 

使用感

一度積めばD方面の硬さからなかなか突破されない点が非常に扱いやすく、拘らずに守れるニンフィアは守れるランドの次に強い。

 

f:id:jealousynow:20150809224449p:plainブルンゲル

上記5匹が決まった状態でまだまだ弱い対ガルーラ性能、若干の不安がある対特殊全体技を危惧して耐久を重視したオボンブルンゲルを採用。

B耐久は意地ランドのシングルダメ岩雪崩を確定3発耐え(鉢巻ランドのシングルダメ雪崩も2発耐え)、D方面は眼鏡ニンフィアのダブルダメハイボを2発耐えまで確保。

 

採用技

熱湯・・・3割で相手の物理を弱体化させることができるため採用。

鬼火・・・ガルーラの前では不意打ちを警戒して攻撃したくないので鬼火で物理の弱体化を狙うため採用。あまり外しても不利にならない時に打つのが一番。

自己再生・・・相手を詰ませるため、特性である呪われボディの発動機会を増やすため採用。

トリックルーム・・・相手のS操作すべてに強いS操作として採用。前2匹以外低速~中速に固めてあるこのPTではスイッチとしても活躍。

 

使用感

拘りポケモンを3割で潰し、物理ポケモンを3割で潰す厄介者。

一時期ダブルレートで結論構築と呼ばれたガルーラ系を見れる優秀さ。

他のゴーストとは異なり耐久面が非常に高いので詰ませ性能が抜群にある。

 

◎選出率(予選7試合+決勝トナメ2試合)

ミミロップ 9/9

ラティオス 2/9

ヒートロトム 8/9 

マンムー 8/9

ニンフィア 3/9

ブルンゲル 6/9

 

ミミロップ構築総括

構築が組みあがった際に、守るの数が1つだけだということに気付いたが、回してるうちに何も問題がないことが判明したのでこのまま決行。

本戦ではカガリブロックに組み分けされ、血反吐を吐きながらも勝ちをもぎ取り予選2位抜け。

如何せん全体的に種族値が低いポケモンばかりで固まってしまっているので再戦が辛く、まさしくオフ向けと言える構築であった。

6勝3敗と勝率はそこそこ。

サナバレルやガルーラには勝ち、負けた3敗は、メガマンダ・メガリザ・優勝者のメガクチートであるため、環境読みとしてはいい筋を行っていたと思うが、プレイング面ではまだまだだなと感じさせられた。

 

全体総括

新たなメガポケモンを開拓できたこと、熱い試合展開が続いたことで、大変満足のいくオフ会となりました。

今回参加された皆様、運営陣、大変お疲れ様でした。

何か質問がございましたらTwitterやコメントにてどうぞ。

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(本当は5分で閃いた構築とは言えないな。)